自然

インタビューより

              ~美・生命の煌めきを追い求め~
                                                                           -写真作家を目指したきっかけを教えてください
桐野伴秋さん(以下K):元々音楽をやっていて、いつも音と映像が頭の中にあったんですよ。そのイメージを形にしたいと思い始めたのがきっかけです。それと幼い時からいつも嫌な事があった時には海や山で一人で遊んでいました。今大人になって思うには「あ~自分は、自然にホントに助けられて大きくなったんだなあ~。そんな自然に何か恩返しのような事が出来ないか・・・」と思ったのもひとつです。
自然のすばらしさを再確認し、地球が育んだ大自然を独自の世界感で後世に残せたら・・と感じ、写真を通して今、この地球に生きている事の喜びや感動を、伝えたいと!
私にとっては自分の魂のルーツを求める旅でもあります。                                                                                              
                                                                                                                                           
                                                                                                                                                                                                                                                          -写真家を目指すにあたって影響を受けたものなどはありますか?
                                                                                                               K:沢山の色の洪水かな!幼い頃に食べたお弁当の真ん中にあった梅干しの「赤」とか、母が営んでいた洋装店の店内にあったボタンや糸の綺麗な色を毎日見て育ちました。それら、色んな色が、まぶたの裏に強く焼き付いて現在の私の作品作りにすごく影響を受けているように思います。それを私は、(まぶたの裏の残像美)と言っているんですよ。そして、意識しているのは写真以外の芸術、特に印象派の絵画などは好きですね。
もしも、ゴッホやモネが、絵筆の変わりにカメラを持っていたら・・・と!
桐野伴秋
                                                                                                                                        -写真家になって良かったと思うことを教えてください。

                                                    K:一番に、<感じる>を、意識するという事が高まったことです。自分自身の原点に気づき、なにか忘れかけていたものを呼び戻されるような気持ちになれる時もあるんですよ。
それと、セドナに行ってあらためて感じた事ですが、沢山のご縁ですね。

自然も人もすべては繋がっているという実感。
(自分と地球と宇宙が合わせて、一つの命・ひとつのエネルギー)
そんな意識が世界中の皆にあれば、争いなどない平和な世界になるのに・・・と、願うばかりです。
                                                                                                                                              -写真を撮るとき大切にしていることは何ですか?

K:一言で言うと「一体感」自然との調和を大切にし、自分自身が撮ろうとする気持ちを抑え、自然の一部になったような気持ちで、撮らさせてもらっているという感覚ですね。

それと、目に見える物と、見えない物とのバランス、自然から出される合図みたいなものが合致した時、いい作品が生まれることが多いと思いますね。
現実でもなく非現実でもない、無意識の世界感ですね。
そんな作品づくりをめざしたいと思います。

                                                                                      ―桐野さんにとって、写真とは?

K:自分の人生観、普遍性、原点、奥行きを表現していくものと思っています。風景に例えれば、ワンカットを切り取るのではなく、描き撮るというイメージ、一瞬の風景が一生の風景に感じられるような。すべては、陰と陽のように相反するものが重なって、一つのものが表現されている。闇があるから、光は輝ける。そういったものを自然に感じ取り、イメージとして描き撮っていきたいですね。

                                                                                                           ―最後に読者の方へ一言お願いします。

K:私の作品を見ることが、何かのきっかけになってくれれば幸いです。「生きていること」=「感動」であり、生きてさえいれば、何でもできる。私自身もまだまだ気づけていない自然の魅力を追求し続け、時代や流行に左右されない、普遍性のある作品を後世に残していければと願っています。是非、沢山の自然の魅力を再確認し、感動してみてください。

                           感動を感謝にかえて・・・
                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影日記~平和の祈り~

8月25日13時~ 高知市潮江市図書館3Fホールにて

戦時中 すさんだ戦士たちの心を癒してくれた豹「ハチ」の剥製修復披露会が行われます。(どなたでも参加できます)

披露会に先駆け、「ハチ」を撮影してきました。平和の尊さを改めて再認識した一日でした・・

今から65年以上前、戦中の中国の山中で生まれた豹の「ハチ」は親を失って一人ボッチになってしまったところを高知出身の日本兵 成岡さんが助け、その後兵舎で育てられました。ハチは戦中の人々の心を癒し、命の大切さを教えてくれました。しかし、戦渦激しくなる中、上野動物園に引き取られ、その後、ハチは戦争に巻き込まれ毒殺されてしまったのです。剥製にされたハチは成岡さんの手によって高知に引き取られ、高知市こども科学図書館に展示されていましたが、劣化がすすみ、この度ボランティアの方々の暖かい思いにより修復されたのです。

決して人になつくことは無いといわれている豹が戦時中お互いの心を癒すかのように、兵舎で寄り添って生活していたという・・・

高知の平和の象徴としてのこの剥製にレンズを向け・・・

 そうか お前がハチなのか・・・

 義眼のその奥で戦争の記憶を辿り続けているのだろうか。

 痛々しく残る火傷の跡・・・これも戦争の傷跡なのか・・・。

様々な想いが私のファインダーに飛び込んできた。

今にもこちらに駆けてきそうなハチに向って私はシャッターを切った。

戦争を知らない私に平和を語ってくれた「ハチ」に感謝しつつ・・・

高知の平和の象徴としてこの剥製が、子供たちが平和の尊さ、命の大切さを学ぶきっかけになればと、祈るような思いでハチを跡にした。

命あるもの全て地球の大切な仲間だということを改めて再認識した一日だった。

今、世界の一部では戦争が起こっているが、一日も早く世界が平和になりますように祈りつつ・・・

「ハチ」平和を見守ってくれ!そして 本当にありがとう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から 一歩ずつ ・・・・ はじめまして

7月に講談社より出版した写真集《セドナ 奇跡の大地へ》 これをきっかけに様々なTRYをしてみることにしました。

Blog もそのひとつ

北Arizonaで巡り合った自然・・・・地球創造を想わせる風景・不思議な出来事

スピリチュアルスポットとして注目の《セドナ》を是非 ご覧いただきたいものです。

何より私にとって初めての写真集 様々な出会いに感謝をしながらの一冊です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

自然